HOME法律・行政手続Q&A ≫ 国際業務(その他)

国際業務(その他)

法律・行政手続きQ&A

  • パスポートを取得したいのですが、どのような手続きが必要ですか?
  • 有効期間が10年と、5年のものがあります。
    但し、20歳未満は5年のみです。また旅券の「子の併記」は廃止されましたので、12歳未満の年少者も申請が必要です。
    【申請に必要なもの】
    ・一般旅券発給申請書(都道府県の旅券課窓口にて配布)
    ・発行後6ヶ月以内の戸籍抄(謄)本1通
    ・発行後6ヶ月以内の本籍地が記載されている住民票1通
    ・写真(縦4.5cm×横3.5cm、縁なし、正面上半身、6ヶ月以内撮影のもの)1枚
    ・官製はがき(未使用、あて先に自分の住所・氏名を記入)1枚
    ・身元確認書類(運転免許証など1通。ただし健康保険証など写真のないものや、写真付きでも学生証や社員証などはそのうち2通必要)
    ・以前に取得した場合はその旅券
    【旅券発給手数料】
    ・満20歳以上:10年旅券1万5千円、5年旅券1万円
    ・満20歳未満:5年旅券1万円
    ・満12歳未満:5年旅券5千円
    (1)の作成や申請の際には行政書士までご依頼ください。但し、旅券そのものの取得は本人でないと受け取れません。
  • 旅先で旅券を紛失(盗難)しました。どのようにすればよいでしょうか?
  • 次の書類を揃えて日本総領事館へ出向きます。
    ・一般旅券再発給申請書(総領事館でもらえる)1通
    ・紛失・消失届出書(総領事館でもらえる)1通
    ・旅券用写真(サイズは上記と同じ)2枚
    ・現地警察発行の盗難/紛失証明書1通
    再発行は有料です。通常、1〜2週間かかります。

    また帰国を急ぐ場合には1〜2日で発行される「帰国のための渡航書」(有料)が取得できます。
    ・一般旅券再発給申請書2通
    ・旅券用写真2枚
    ・日本国籍を証明する書類(免許証など)
    ・搭乗日が記載された航空券
    この渡航書では他国に立ち寄ることが出来ず、日本への直帰となります。
    旅先で旅券の紛失(盗難)とならないように気をつけるのが1番ですが、万一のために旅行の際には(1)旅券の写真ページのコピー、 (2)旅券用写真2枚は最低準備されてお出かけになられることをお薦めいたします。
  • ビザ(査証)とは何ですか?
  • 「査証」は英語でVISA(ビザ)」と呼ばれ、外務省の在外公館において発給されるものです。
    「査証」とは、本邦に入国しようとする外国人の所持する旅券(パスポート)に付与される入国のための推薦状のようなものです。
    実際入国する場合にそのビザを基にに入国管理局が審査をしてその外国人に在留資格を与え上陸の許可します。
    従ってビザがあるからといって必ず日本に上陸できるとは限りません。
 

ページトップ