HOME行政書士とは? ≫ 著作権とは?

著作権とは?

著作権とは?

行政書士は、文化庁への著作権登録手続きの代理をはじめ、著作権をめぐる契約、著作権の信託・鑑定評価等、著作権に関する様々な業務に携わっております。
著作権に関するご相談は行政書士がお受けします。

著作物および著作権の登録

著作権の登録は行政書士の業務です。

  • 著作物の実名、第一発行年月日の登録
    権利を明確化できます。
  • 著作物の創作年月日登録
    プログラムの創作日の推定を受けられます。
  • 著作権の移転の登録
    不動産登記と同じように権利の移転に伴う二重譲渡を防ぎ、第三者対抗要件となります。

著作権をめぐる契約

契約書の作成は行政書士の中心業務であり、さらに著作権の理解を得た行政書士が、著作権を含む契約書の作成のお手伝いをします。

著作権は無体財産権ですので、有体物とは違う配慮が必要です。一言で言えば、無体物である著作物はコピーすることによって無限に作成することができます。
そこで作成者(著作者)や著作権を譲り受けた人(著作権者)を保護することが必要になります。

  • 著作権の利用許諾契約
    無限に広がる著作権の利用の範囲を明確にするものです。
  • 著作権の譲渡
    コピーを禁止する権利の一部又は全部が著作者から著作権者に移転するものです。

【著作者人格権】
著作権者人格権は譲渡不可。著作権は著作者から著作権者に移転しても著作者人格権は著作者に留まります。
憲法上の人格権と同じように作成者(著作者)の一身専属上の権利といわれています。

著作権の信託

─著作権の信託契約も可能です。(著作権等管理事業法)

著作権の信託とは、主に著作物の利用を著作者に代わって許諾を与えるもので、音楽著作物におけるJASRACなどを受託者として イメージしていただくとわかりやすいです。

著作物の評価及び著作権の活用

著作権を活用するためのアドバイスやサポートを行います。

著作権は財産的価値があることから、効果的に活用するためには、その著作権の適切な評価をする必要があります。

  1. 時価ベースでの財務諸表の作成、M&Aに際しての会社の価値算定、著作権を担保として融資実行する場合の担保の価額算定等
  2. ライセンスビジネスにおけるライセンスの価値算定、職務著作における著作者に対する対価の算定等
  3. 権利侵害の際の損害額の算定、訴訟目的の価額の算定等
  4. 相続・贈与における対象物の価額の算定等

著作権相談

著作権に関するさまざまな相談をうけます。

著作権は権利処理が複雑でわからない場合が多く、わかりあえることにより、後は当事者同士の話し合いがスムーズに進むという事例が結構多くあります。
どうぞ遠慮せずに著作権に関して行政書士に相談してください。都道府県の行政書士会では、研修を積んだ著作権相談員がおり、相談を受け付けております。

 

ページトップ